trarzh-TWenfrdejarues

エコ©スタンダード

標準を表示 (元の英語)

自然に対する意識が高まるにつれて、製造業者、消費者、そして社会全体が、生産、使用、廃棄の際の製品の環境への影響をより重視するようになりました。 この意味で、環境ラベルは、製品またはサービスがそのライフサイクル全体にわたっていかに環境にやさしいか、それらの自然への敏感さ、およびそれらが環境要件をどのように満たすかを示すアプリケーションです。

当社のEkomark©は、このような責任感を持ってEkomark©Standardを開発しました。 Ekomark©ラベルが付いている製品やサービスは、市場に出ている同様の製品やサービスとは異なります。

エコマーク©規格によると、自主的な慣行である環境ラベルを取得する義務はありません。 これは、消費者がより環境に優しい製品に焦点を合わせることを想定しているシステムです。

しかし、完全に独自の規格であるEkomark©Standardは、自社の製品やサービスに関するEkomark©ラベルを取得している企業に重大な競争上の優位性を提供するだけでなく、これらの製品やサービスの信頼性の証拠を提供します。

ヨーロッパだけでなく世界の様々な国でも開発された多くの環境ラベルプログラムがあります。

1。 エントリー

1.1スレッド

エコ証明書(エコマーク)
エコ証明書(エコマーク)

Ekomark©規格は、欧州連合のエコラベルシステムまたは環境ラベルシステムの確立と実施のために守られるべき基準を規定しています。

1.2目的

Ekomark©規格は、流通、消費、または使用のためにEU加盟国に出荷される製品およびサービスに適用されます。

Ekomark©Standardは、人間の健康に使用される医薬品、動物の健康に使用される獣医製品、およびその他の医療機器には使用されていません。

1.3の定義

製品グループ:共通の目的、類似した使用パターン、類似した機能特性、および消費者の認識という点で類似した製品。

環境影響:ライフサイクル中の製品の環境の変化の全体または一部。

検証:製品が欧州連合エコラベルシステムの基準を満たしているかどうかを判断するプロセス。

2。 エコマーク©標準の一般条件

  • Ekomark©Standardは、環境分野における欧州連合の戦略的目的を考慮に入れて、製品の環境パフォーマンスに基づいています。
  • Ekomark©Standardは、欧州連合のエコラベルシステムの基準を満たす製品の環境条件を規定しています。
  • Ekomark©規格は、製品のライフサイクル全体を考慮に入れながら、欧州連合のエコラベルシステムの基準を適用し、それらを科学的に適用します。 最も重要な環境影響は、気候変動、自然と生物多様性、エネルギーと資源の消費、廃棄物の発生、排出、そして有害物質の大気への放出です。
  • Ekomark©Standardには、製品の使用目的を満たすための基準があります。

3。 エコマーク©Standard Certification Works

Ekomark©規格に基づく認証作業の段階は次のとおりです。

3.1 Ekomark©認証申請ステージ

製品またはサービス用 エコマーク©認証 調査を依頼する企業の場合は、申請後に予備的な評価が行われます。

これに関連して、製品グループに関連して起こり得る環境上の利点は、ISO 14024環境ラベルおよび宣言、原則と方法の標準、および同様の国内および国際標準を考慮して評価されます。

検証は製品に対して行われます。つまり、認証は正しい製品グループに属していることがわかります。 商業上の問題やその他の環境への影響も分析されています。

製品グループのセクターに関する既存の法的規制およびその他のイニシアチブが考慮されます。

より安全な生産のための代替材料と設計方法、そして危険な物質に取って代わるより安全な物質を使用する方法が分析されます。

製品の量と売上高の可能性を含めて、セクターの市場シェアが評価されます。 また、今日および将来の欧州連合市場を含め、製品の市場シェアがどの程度になるかも考慮に入れます。

3.2 Ekomark©認証契約フェーズ

申請書を受け取った後、製品とサービスの認証を要求する会社と契約が交わされます。 本契約には、提供されるサービスの条件、および両当事者の責任および義務を決定する条項が含まれています。

契約締結後、会社は、製品またはサービスがエコラベルの基準を満たしていることを証明する文書、宣言、テスト結果、および同様の情報を提出する必要があります。 事前審査の後、会社の申請書は、環境ラベルシステムの認定機関に指定されている環境都市部に送られ、意見を得ることを目的としています。

3.3 Ekomark©認定サンプルの承認

エコマーク©タグ 配置される製品のテストおよび分析を実行するために、会社は製品からサンプルを引き渡す必要があります。 Ekomark©ラベルを製品に貼付するために、サンプルは欧州連合エコラベル委員会によって決定された基準を満たさなければなりません。

これらの基準を決定する際には、製造のための原材料の選択から最終製品の流通、消費者への提供、使用終了時の消費およびリサイクルまで、あらゆる段階が考慮されてきました。

3.4 Ekomark©認証テスト

製品試験は、ISO 17025試験および校正試験所の認定の一般条件に従って動作している試験所、またはこの規格と同等のシステムによって認定されている試験所で実施する必要があります。 これらの試験所のリストは、欧州認定機関のWebサイトで入手できます。

この試験は、Ekomark©Labelに貼付される製品の環境への影響が、原材料の抽出から製造、消費、破壊に至るまでの全ライフサイクルを通して低減されることを決定するために使用されます。 この点で、Ekomark©Labelはエネルギー使用量、廃棄物の削減、環境への意識にも貢献しています。

3.5 Ekomark©認証承認フェーズ

テストと分析の調査が完了し、サンプルが欧州連合エコラベル委員会が決定した基準に適合していると判断された後、注文は承認段階になります。 しかし、その間に、環境都市化省は適切な意見を受け取ったはずです。

3.6エコマーク©認証ラベル使用許諾

私たちの組織Ekomark©によって行われた認証研究の最後のステップは、ラベルの使用を許可することです。 会社の製品およびサービスがEkomark©Standardの枠内の製品グループに基づいて欧州連合によって設定された基準に準拠し、必要なすべての条件を満たすと決定された後、製造業者はEkomark©Labelをその製品またはサービスに配置することができます。

以下の基準に従って、企業は自社製品にEkomark©ラベルを貼り付けることができます。

 

エコマーク©:AAAA / BBB / CCCCC

 

ここでAAAAは​​国コード、BBB製品グループを指し、CCCCCは管轄当局によって与えられた番号を指します。

4。 エコマークの意味©Tag

当社のEkomark©が会社の要求に応じて認定試験を実施し、その会社がEkomark©ラベルの使用を許可する場合、このラベルの付いた製品は次のことを表します。

  • 自然環境へのダメージは非常に少ない
  • 製品は自然条件に従って製造されています。
  • 製品は自然環境で自然に消えます。
  • 製品の包装は自然に悪影響を及ぼしません。
  • それは製品の品​​質を保証するものではありませんが、製品の品質を呼び起こします。

5。 法的根拠

環境ラベリングシステム、またはエコラベリングシステムは、欧州連合の閣僚評議会によって1992で発行された規則によって確立されました。 2010では、この規制は改訂および更新され、エコラベル規制66 / 2010 / ECとして公開されました。 Ekomark©Standardは、この規則に基づいて作成されています。

欧州連合のECO-Etiket Boardでの基準の開発と改訂を担当する作業部会は、製品のライフサイクル全体を扱い、環境への悪影響を減らすために各製品グループの基準を開発します。 ワーキンググループは、基準の適用可能性、さまざまな開発分析、環境および市場調査、ならびに製品の現在のライフサイクルを考慮して、または必要に応じて新しい分析を作成してドラフトを作成することで、年に約3回開催します。 ドラフトは承認され、最新のエコラベル理事会で公表されます。 これらの決定は各国の立法委員会で投票されます。

6。 基準の決定

 

欧州連合(EU)が製品やサービスの基準を策定する際には、これらの製品やサービスがどの段階で環境に大きな影響を与えるかに焦点を当てています。 これは当然製品ごとに異なります。 たとえば、織物を見ると、染色、漂白、または印刷による環境への影響は、工場で高くなっています。 したがって、テキスタイル製品グループの基準を設定しながら、専門家たちは生産中の有害な影響をできるだけ減らすことを目指しました。 さらに、電子製品は使用中に高い環境リスクを引き起こす。 この製品グループの基準を決定する際に、これらの製品のエネルギー消費量に焦点が当てられました。

著作権EUROLAB©ラボラトリーは「TURCERT技術管理認証局」です。 プライベートブランドです。

当社のウェブサイトで使用されているロゴは権利者のものであり、プロジェクトでサポートされている機関はECOmarkと提携していません。